しごとの自習室



[しごとの自習室]の社会貢献コンテンツ
○アフィリエイト収入は、全額、社会福祉法人日本盲人会連合に寄付します。
○著者様、出版社様からの感謝の声をご紹介しています。

<<前へ | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 | 次 >>

『悪夢のサイクル』(内橋 克人/文春文庫)
昔の人は、生活保護を受けることは恥として、よっぽどの状態にならないかぎり申請しませんでした。ところが、今や、生活保護は「権利」の一つ。しっかり活用できる人が賢いとばかり。日本人は変質した。
悪夢のサイクル をアマゾンで購入する。

『ラジオは脳に効く』(板倉 徹/東洋経済新報社)
アルツハイマーが怖くてしかたがない。アルミニウムを多量に体内に取り込むと、発病するという。缶ビールが心配。食事に好き嫌いが多かったり、テレビばかりみていると危険度が増すとのことです。
ラジオは脳にきく をアマゾンで購入する。

『警視庁少年課事件ファイル』(駒田 史朗/新潮新書)
「万引きしたくらいで、警察沙汰にするのはひどい」とクレームが出る始末。「理解する大人」の蔓延と言いたい放題で、すっかり社会の箍が緩んでしまった日本。やっぱり、この国に未来はないな。
警視庁少年課事件ファイル をアマゾンで購入する。

『世界の日本人ジョーク集』(早坂 隆/中公新書ラクレ)
帰宅したら、妻が見知らぬ男とベッドに! その時、アメリカ人は男を射殺。ドイツ人は法的措置の手続きに。フランス人は、自分も服を脱ぎ始めた。日本人は――名刺を取り出し、紹介されるのを待っていた。
世界の日本人ジョーク集 をアマゾンで購入する。

『その他大勢を味方につける25の方法』(ジョン・C. マクスウェル/祥伝社)
「友達は選べ」――この言葉の持つ意味を近年痛感する。自分より高いレベルの人とつきあおう。たとえ貧乏でも、私より平和主義で、私より心が豊かな人、そんな人とつきあうようにしている。
その他大勢を味方につける25の方法 をアマゾンで購入する。

『霊の発見』(五木 寛之、 鎌田 東二/平凡社)
太平洋戦争中、高野山では、アメリカのルーズベルト大統領を呪い殺す護摩が焚かれたという。その後、ルーズベルトは死亡。これらに因果関係があるかないか、それはわからないが、気になるエピソードだ。
霊の発見 をアマゾンで購入する。

『絶妙な「聞き方」の技術』(宇都出 雅巳/明日香出版社)
聞き上手になるいちばん簡単な方法、それは相手に関心を持つこと。最初は、興味のない相手であろうと、いろいろ調べていくと興味が持てるようになる。つまり勉強して、知識を増やすこと。
絶妙な「聞き方」の技術 をアマゾンで購入する。

『北方領土特命交渉』(鈴木 宗男、佐藤 優/講談社プラスアルファ文庫)
鈴木宗男「橋本総理、エリツィンは気分がよくなって、サウナの中で総理のあそこを握るかもしれないけど、笑って、気持ちいいなあと返してくださいね」「総理、尻も拭く、金袋も洗いますの覚悟を」
北方領土 特命交渉 をアマゾンで購入する。

『呼吸入門』(齋藤孝/角川文庫)
養生家・野口晴哉「お尻の穴の締まり具合で、その人の決意の度合いはわかる。指を入れてズブッといくようではダメだ」。3秒すって、2秒溜めて、15秒で吐き出すのを2分。そんな呼吸法を1日5回!
呼吸入門 をアマゾンで購入する。

『若者はなぜ3年で辞めるのか』(城 繁幸/光文社新書)
得意を仕事にして、好きを趣味にするのが幸せな生き方だと思う。以前、好きな鉄道を仕事にしていた時期があったが、すこし鉄道が嫌いになってしまった。好きを仕事に、というのはあまりお奨めできない。
若者はなぜ3年で辞めるのか? をアマゾンで購入する。

『仕事で頭ひとつ抜きん出る裏トーク術』(佐藤 昌弘、堀之内 高久/情報センター出版局)
早く、適切に、潔く――謝る時はこの3つ。でも、謝ること自体ができない未熟者が続出中。謝ることは「負け」ではないのですよ。新しいスタートを切るための合図。高貴な行動。
仕事で頭ひとつ抜きん出る裏トーク術 をアマゾンで購入する。

『「神道」のこころ』(葉室 頼昭/春秋社)
とほかみえみため――いまだに意味不明であるが、これを30分間、ずっと絶叫し続ける。そんな神道修行をしたことがある。2泊3日だったが、私語厳禁なのが何ともつらい。あれがいちばん修行になったな。
「神道」のこころ をアマゾンで購入する。

『戦争経済に突入する日本』(副島 隆彦/祥伝社)
戦争はふらっと始まる。それは、夫婦げんかと同じ。ささいなことで勃発するのである。でも、教科書などでは、あたかも戦争のために着々と準備されていたように記述される。これが戦争を誤解させている。
戦争経済に突入する日本 をアマゾンで購入する。

『新平等社会』(山田 昌弘/文藝春秋)
ロードサイドは、チェーン店ばかり。この傾向が所得格差を拡大させている。マニュアル仕事をやる人と、マニュアル仕事を作る人。この両者の仕事内容にはあまりにも隔たりがある。それがギャラに跳ね返る。
新平等社会 をアマゾンで購入する。

『脳はなにかと言い訳する』(池谷 裕二/新潮文庫)
嫌なことがあったら、一杯やって忘れよう。巷間言われるが、これは逆でした。嫌な記憶はアルコールによって強化されてしまうらしい。嫌なことも飲酒チャンスと、ちょっと喜んでいたが……
脳はなにかと言い訳する をアマゾンで購入する。

『歴代総理の通信簿』(八幡 和郎/PHP新書)
Aランクは、伊藤博文、桂太郎、原敬、幣原喜重郎、吉田茂、池田勇人。小渕恵三はBランク。中曽根康弘はCランク。小泉純一郎、田中角栄はDランク。大隈重信、林銑十郎、近衛文麿、東條英機はEランク。
歴代総理の通信簿 をアマゾンで購入する。

『美しい国へ』(安倍 晋三/文春新書)
国が強くなると、国民は困ったことになる。これ、たしかに戦争中はそうだったわけですが、平常時においては、国が強くなると、国民生活は向上する。この関係性を知らない人ってけっこう多いですね。
美しい国へ をアマゾンで購入する。

『カリスマ』(石井 裕之/三笠書房)
目線を定める。あんまりうなずかない。視線を外す時は、相手の向こう側に。「でも」でつなぐのではなく、「だから」でつなぐ。いいことは拡大解釈する。カリスマ性は、練習で獲得できるんです。
カリスマ をアマゾンで購入する。

『日本経済は本当に復活したのか』(野口 悠紀雄/ダイヤモンド社)
経済政策をあれこれやってもあまり効果はないと思う。いちばん効果があるのは、さげまん対策。日本女性がもっとあげまんになれば、男は奮起し、存分に働く。お父さんたちの敵は、今や「家庭」であるのが現実。
日本経済は本当に復活したのか をアマゾンで購入する。

『上達の法則』(岡本 浩一/PHP新書)
習慣は、怠け者の最強の武器――これは、私の名言です。習慣にしてしまうと、苦労なく実行することができる。やるべきこと、やりたいことは、一日の中にすべて凝縮させるのが、最強のルーティン生活。
上達の法則 をアマゾンで購入する。

『江原啓之への質問状』(江原 啓之、丸山 あかね/徳間書店)
昔、「江原」という人に嫌なめにあわされたので、江原さんを忌避していました。ようやくほとぼりが冷めたので、一読してみたら、すっかりはまってしまった。スピリチュアルは、現代人の道徳ですね。
江原啓之への質問状 をアマゾンで購入する。

『殺人現場を歩く』(蜂巣 敦、山本 真人/ちくま文庫)
昔は「浅草になんて行くな」と親は子供に言い聞かせていました。浅草は不良のたまり場。悪所に行かなければ、犯罪に巻き込まれることはない。でも、それは昔の話。今はどこでもテロに遭遇する時代。
殺人現場を歩く をアマゾンで購入する。

『テレビ政治』(星 浩、逢坂 巌/朝日選書)
小沢一郎の笑顔にはどうにも違和感がある。そもそもにこやかに笑うような人ではなかった。いつから、あの無理強いした笑顔を見るようになったのか。テレビに政治家が出るようになった時期と符合する。
テレビ政治 をアマゾンで購入する。

『テレビはなぜ、つまらなくなったのか』(金田 信一郎/日経BP社)
大橋巨泉「負け犬、貧乏人、程度の低い人間が見ているんです」。テレビ界の寵児の現代テレビ評。私もまったく見ないのだが、たしかにテレビがあると見てしまいますね。持たないのが一番。
テレビはなぜ、つまらなくなったのか をアマゾンで購入する。

『ハイ・コンセプト』(ダニエル・ピンク、大前 研一/三笠書房)
独創性と感動力。これからの時代、重宝されるのがこの2つの才能。感動できる人は、感動される。感動というのは、能力の一つなのです。影響を受けやすいとバカにする向きもありますが、それは勘違いも甚だしい。
ハイ・コンセプト をアマゾンで購入する。

『ひらめき脳』(茂木 健一郎/新潮文庫)
エジソンの名言、「発明は99%の努力と1%のインスピレーションである」。この言葉の真意は、「いくら努力したって、インスピレーションがないとだめよ」というもの。努力を推奨する言葉じゃないんですね。
ひらめき脳 をアマゾンで購入する。

『政商』(大下 英治/だいわ文庫)
政治家や商人に、知性や品性、あるいは学歴なんかもあればあるにこしたことはない。だが、それはおまけ。政治家にしても商人にしても、根底はファイター。戦うことが最上位。それを忘れて論評してはならぬ。
政商―昭和闇の支配者 をアマゾンで購入する。

『即興<インプロ>の技術』(吉村 竜児/日本実業出版社)
おしゃべり好きの会話下手。こういう人は、聴くのが下手。会話が続かないのは、聴く言葉が思いつかないから。こういうしゃべり癖は、間違いなく親の悪影響。検証して、改善する如くものなし。
<インプロ>の技術 をアマゾンで購入する。


<<前へ | 11 | 10 | 9 | 8 | 7 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 | 次 >>