月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ > 月刊・中谷彰宏61「できるかどうかより、やったかどうか。」――言い訳を卒業できる生き方術
別冊・中谷彰宏61「シンデレラは、質問しない。」――好奇心で愛される恋愛術


言い訳が、あなたを消耗させる。
ムチャを可能にする、
中谷流・「気迫」生き方術。

言い訳は、場の空気を乱します。
言い訳があなたを消耗させ、
周囲の人たちを苛立たせているのです。
本人に自覚がないのが、問題をより深刻にします。
言い訳を自覚して、爽快な人生を送りませんか?
言い訳をしない、気迫満点の人たち。
その生き方を、中谷さんに教わりました。

★こんな方に有効です。

□言い訳がつい出てしまう方。
□今、ピンチを迎えつつある方。
□遅刻して、迷惑をかけがちな方。

■別冊・中谷彰宏61「シンデレラは、質問しない。」――好奇心で愛される恋愛術

照れるけど、やる。
恥ずかしいけど、言う。
心を掴む、中谷流行動術。

照れるのを乗り越えてやるから、相手の心は動きます。
恥ずかしいことを言えるから、相手の心に届きます。
照れる、恥ずかしいでは、何も進みません。
それを乗り越えてこそ、大人の仕事、大人の恋愛です。
相手の心を鷲掴みにする方法、中谷さんに伺いました。

★こんな方に有効です。
□気持ちが相手に伝わりにくい方。
□照れ屋さん。恥ずかしがり屋さん。
□「いい人」で終わってしまう方。


月ナカ生活61パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏61

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ61 価格:2,000円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ61 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏61

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ61 価格:2,000円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ61 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!


●「ひと言で、出会いが変わってくる。」(中谷彰宏)
人が、自分と同じ世界の人かどうかを判断する時、
直感的に採用するのが、言葉遣い。
「言葉遣いで、友達が決まる。」とは、中谷さんの言葉。
お金持ちの世界に入りたいのであれば、彼らの言葉を。
専業主婦の世界に入りたいのであれば、彼女らの言葉を。
モテる人の世界に入りたいのであれば、彼らの言葉を。
言葉遣いを変えていくのが、自己変革の第一歩なのです。

●「意識を変えて、免疫力を高めよう。」(中谷彰宏)
採用される人の共通点は、2つ。

1.ふさわしい言葉遣いができている。
2.健康管理がしっかりできている。

風邪をよくひく人は、ふだんから体調が悪いことが多いもの。
そのたびに仕事に穴を開けているようでは、活躍の場はありません。
短眠や徹夜仕事は自慢になりません。
しっかり睡眠をとり、毎日はつらつ。
健康管理が、免疫力を高めてくれるのです。

●「言い訳しない人に、チャンスは来る。」(中谷彰宏)
いったん「言い訳する奴」というレッテルが貼られると、
不利な立場に置かれてしまいます。
監視の眼がきつくなる。
仕事の内容に対する評価が不当に厳しくなる。
暗黙のうちに排除される。
何よりも、言い訳は、職場内の空気を乱します。
電車が遅れても、データが消えても、言い訳をしない。
その気迫が、あなたへの信用を高めるのです。

●「気迫に始まり、気迫に終わる。」(中谷彰宏)
ビジネスでも、政治の世界でも、家庭でも、
何が人を動かし、状況を変えるかといえば、気迫。
その人の本気具合です。
本気の人に対して、人は感動します。畏れます。
ドアマンは、一度で絶対に名前を覚える。
これも気迫のなせる技。
泣き言を言う前に、気迫。
どんな苦境も、気迫があれば乗り越えられる。
修羅場に、テクニックや人脈なんて無意味なのです。

●「反復作業をしよう。」(中谷彰宏)
「楽な仕事は一つもない。」と中谷さん。
華やかに見える仕事もやってみれば、退屈なものばかり。
仕事とは、自分が楽しむためのものではなく、
世のため、人のため、自分のためにするものなのです。
仕事のほとんどは反復によって、磨きがかけられます。
反復をバカにしている人は、仕事の本質がわかっていないのです。
反復するうちに、工夫のしどころが見えてきます。
このプロセスが、仕事の真髄。人を成長させるのです。

●「夫婦円満のお店は、繁盛する。」(中谷彰宏)
夫婦円満の店は、つい行ってみたくなります。
味よりも、むしろその空気に触れたい。そんな気分で。
食べ物がない時代でしたら、盛りがいいだけで繁盛しました。
でも、今は違います。平和な空気、これが一番のサービス。
家族をかえりみず、仕事に精を出すというのは、ひと昔前の価値観。
今は、家族一丸となって、家業を支える時代。
これはサラリーマンでも同じことです。
夫婦和合がなければ、いい仕事はできないのです。

●「ギリギリは、セーフではなくアウト。」(中谷彰宏)
集合時間にギリギリ間に合った!
喜んでいるのは、本人だけ。
周囲の人たちはハラハラドキドキ。たいへんな迷惑。
ギリギリセーフは、じつはアウト。
前倒しで仕事をする意味は、ここにあります。
関係する人たちをハラハラさせないという配慮。
これが、一流の人では共有されています。
自分のことしか見えていない人は、三流以下なのです。

**

何度も聴いて、気迫ある人生を!

「月ナカ」スナック ママ・曽我清美




●「目の前の人を、大切にしよう。」(中谷彰宏)
「いい人」は、周りの視線を気にします。
一番気にしなければならないのは、目の前の人の視線なのに。
遠い人に色目を使うより、身近な人を大切にする。
これが、人間関係の王道です。
でも、けっこうできていませんよね。
目の前の人を大切にできる人が、結果として、
周りの人たちからも信用され、尊敬されるのです。
目の前の人に、集中しましょう。

●「万人に『いい人』になると、つまらない人になる。」(中谷彰宏)
スティーブ・ジョブス曰く、「フーリッシュになれ」。
言い換えれば、「いい人」になるな、ということ。
いい人になってしまうと、好きなことに割く時間がなくなります。
葬式には行かない。二次会には行かない。年賀状は出さない。
――非礼と言われるのを覚悟して、好きなことに集中する。
絞り込んだ好きなことに従順であることが、
結果的に、周囲の多くの人たちの幸せに貢献するのです。

●「照れることをやるから、相手の心が動く。」(中谷彰宏)
「照れるのは、セクシー。」と中谷さん。
でも、照れたまま何も行動できなければ、話は別。
照れた上で、あえて照れることをやる。
その落差で、人の心は動くのです。
仕事も、恋愛も同じ。照れた上で、乗り越える。
そのギャップに、感動がともなうのです。
場面が展開するのです。

●「ダイレクトに伝えるのが、カッコイイ。」(中谷彰宏)
つきあって欲しい時は、「つきあってください」。
モテる男性は、ダイレクトに言うことができます。
モテない男性は、相手の出方を見たり、露悪的に出たり……
恥ずかしいからといって、小手先に走るのは自滅路線。
恥ずかしさを乗り越えて、誠実に、ダイレクトに伝える。
その渾身ぶりに、女性は心打たれるのです。
「つきあってください」とさらりと言う練習を、ぜひ!

●「被害者意識の人は、反省しない。」(中谷彰宏)
「自分は運がない。いつもツイていない。」
「私は生まれながら、不幸……。」
被害者意識の強い人は、どんな状況も悪く解釈します。
一人で悲しんでいるぶんには、まだいいのですが、
周囲の人たちに、怒りの矛先を向けたりしたら、最悪。
「元カレに遊ばれた」なんて思っていたら、要注意。
あなたは被害者意識が強いほうかもしれません。
手強い被害者意識、まずは自覚から始めましょう。

●「好奇心とリアクションのある人は、モテる。」(中谷彰宏)
何にでも関心を持ち、大きく反応する。
こういう人は、誰からも愛されます。応援されます。
逆に、何にも関心を持たず、反応が小さい。
これでは、何もやってあげようという気持ちになれません。
好奇心はともかく、リアクションだけは磨けば光るはず。
「リアクションを練習しよう」という気持ちで、
本を読んだり、映画を観たり、会話してみてはいかが?

●「振り回されるのが、恋愛の快感。」(中谷彰宏)
「ジェットコースターに振り回された…」という人はいません。
恋愛もジェットコースター。振り回されるのが醍醐味。
予期しないことを「被害」ととらえる人もいれば、
予期しないことを「快感」ととらえる人もいます。
人生、予期しないことの連続です。
せっかくなら、予期しないことを「快感」ととらえましょう。
場面展開の激しい、振り回される教材、月ナカをどうぞ!

**

何度も聴いて、もっとダイレクトに!

「月ナカ」スナック ママ・曽我清美