月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏71「プレイにすると、楽しくなる。」――ガマンを塗り替える仕事術
別冊・中谷彰宏71「気がついたら、触れていた。」――条件反射で動く恋愛術


■月刊・中谷彰宏71「プレイにすると、楽しくなる。」――ガマンを塗り替える仕事術

「その先」が見えれば、解決。
中谷流・困難突破術。

仕事の不安、結婚など人間関係の不安、
すべての不安の源は、先が見えないこと。
そんな不安を胸に、日々ガマンしている人は身心に響くだけ。
「その先」を見通して、一日一日を満喫しましょう。
でも、何も努力しないでいては、「その先」は見えません。
「その先」が見えている人は、しかるべき鍛錬を積んでいるのです。
展望する力の鍛錬法、中谷さんから伺いました。

★こんな方に、有効です♪

□へんにガマンしてしまう方。
□困難があると、逃げをうってしまう方。
□プレッシャーに弱い方。

■別冊・中谷彰宏71「気がついたら、触れていた。」――条件反射で動く恋愛術

論より、体験談。
過去の話より、昔話。
中谷流・じっくり接近術。

好きな人の前で、自然体でいられる人は少数派。
たいていの人は動揺し、自分を出せずにいます。
でも、それでいいのです。
その動揺は、むしろ加点評価。
じょじょに自分を小出しにするほうが親密になれるのです。
自然に、スムーズに仲良くなる。
そんな方法、中谷さんから教わりました。

★こんな方に、有効です♪

□好きな人の前に出ると、動揺してしまう方。
□ついいいかっこしてしまう方。
□距離を縮めるのが苦手な方。

月ナカ生活71パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏71

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ71 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ71 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏71

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ71 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ71 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「嫌なことではなく、好きなことでガマン強くなろう。」(中谷彰宏)
好きなことなら、誰でもガマン強くなれます。
お気に入りのゲームなら、不眠不休、絶食状態で取り組める。
好きなクルマに乗るためなら、衣食住は最底辺でOK。
そんな人はイキイキとガマンしています。
ガマン強いことは、人生においてとても重要ですが、
せっかくなら、好きなことで磨いていきたいですね。
嫌なことにガマンしていると、心が病んでしまいます。
好きなことで、忍耐力を高めましょう。

○「『その先』が見えれば、つらくなくなる。」(中谷彰宏)
いちばんつらいことは、先が見えないこと。
いつ終えるかしれない仕事をやらされる苦痛……
いつ好転するかわからない夫婦関係……
「その先」が展望できれば、そんな苦痛は緩和されるのに……
でも、「その先」を見せて欲しいというのは、虫が良すぎます。
「その先」は、そう簡単には見えません。
鍛錬して、はじめて見えるようになるものなのです。
幸せな未来を思い描く。
――この能力を磨くために、私たちは学び続けるのです。

○「『新種のプレイ』だと思えば、楽しめる。」(中谷彰宏)
苦痛な通勤電車の楽しみ方をご紹介します。
もし、同乗者がいたら、私はこんな遊びをしています。
車内吊り広告の一つを題材にしてクイズを出し合うのです。
どちらかが1分間、広告を凝視してから、目を逸らす。
そしてもう一人が、その広告に関するクイズを出すのです。
「××墓園の最寄り駅は?」とか、そんな感じです。
これ、けっこう楽しいですよ。
つらい状況をゲームにする。これも一つの「プレイ」化ですね。

○「貢いでいる人の顔は、誇らしげ。」(中谷彰宏)
ホステスやホストに貢ぐ人たちの顔は誇らしげです。
政治家やお相撲さんのタニマチも誇らしげです。
子供に振りまわされるお母さんの顔も誇らしげです。
そうなのです、貢ぐことは、喜びなのですね。
ちなみに、当店店長は鉄道に貢いでいます。
「また新幹線が伸びるんだよね。参った参った。」
なんて半笑いを浮かべながら、遠方まで乗りに行く。
貢げる対象を持つことで、人生にうるおいができるのですね。

○「環境ではなく、解釈を変えよう。」(中谷彰宏)
会社の人間関係で行き詰まった時、あなたはどうしますか?
1.転職して、解決しよう。
2.解決して、成長しよう。
「1」、つまり環境を変えることで「解決」していると、
いずれ「追試」があります。同じような状況がふたたび現れるのです。
逃げずに「2」、つまり勉強して単位を取ってしまいましょう。
目の前に起こった困難は「解釈」し直すことで、成長できます。
神様から、どんな出題をされているのかを考えてみる。
そんな習慣が、「進級」を約束してくれるのです。

○「『不都合な真実』を楽しもう。」(中谷彰宏)
大枚はたいて、キャバ嬢に気を遣いまくっている自分。
中間管理職としての評価を得るために、部下のご機嫌をとる自分。
そんな「不都合な真実」にどう向き合いますか?
答えは「そんな自分を笑い飛ばそう」です。
人生は不条理、理不尽の上に成り立っています。
理不尽を嘆いたり、すべてに合理性を求めるのではなく、
「なにやってんだ、俺」と笑い飛ばすことも重要。
それが男の器を大きくしてくれるのでしょうね。

○「ねばならないと思うから、うまくいかない。」(中谷彰宏)
寝なくちゃいけないと思うから、寝られない。
緊張してはいけないと思うから、緊張してしまう。
人の心理というのは裏腹なものです。
逆に、「寝なくてOK」と思えば、眠れてしまう。
「緊張してOK」と思えば、緊張はほぐれるものです。
「『たたなければ』と思うと、たたない。
『たたなくて結構』と思えば、たつ。」
男性の皆さんにはこういう真理もあるとのことです(笑)。

**

何度も聴いて、自分を笑い飛ばしましょう。
月ナカ生活 ママ・曽我清美




○「実況中継で、気持ちを語ろう。」(中谷彰宏)
「恋は駆け引き」といいますが、これは勘違いです。
中谷さんが提唱するのは、心中をそのまま実況中継すること。
「ぼくは今、君を抱きしめそうになっているぅ。」
「ぼくは今、それを必死にガマンしているぅ。」
こんなこと言われたら、場が和みますし、好感度大ですね。
思惑を隠すのではなく、あえて明け透けにしてしまう。
これはかなりの高等戦術ですね。実践しましょう。

○「本領は、発揮しないでいい。」(中谷彰宏)
「いつもなら、こんなはずじゃないのに……」
好きな人の前に出ると、いつもの自分が出せない。
そんな方は、男女問わず多いはずです。
でも、中谷さんはおっしゃいます。
「本領は、発揮しないでいい。」
ベストの状況と比較していては、アベレージも出ない。
自己ベストを出そうとするから、スランプに陥る。
焦らずに、じょじょに、真価を発揮していけばいいのです。

○「動揺は、加点評価。」(中谷彰宏)
好きな人の前に出ると、誰でも動揺するものです。
こんな時、「動揺してはならない」と思う必要はありません。
その動揺は、むしろ加点評価なのです。
逆の立場で考えてみてください。
自分のことが好きな人が、目の前で動揺している。
好印象ですか、悪印象ですか?
好印象ですよね。どんどん動揺してしまいましょう。

○「計算づくが、嫌われる。」(中谷彰宏)
段取り上手は、尊敬されますが、
計算づくは、嫌われます。
スムーズなデートの進行は歓迎ですが、
ホテルに連れ込むために巧妙に飲ませるのは、計算づく。
相手に軸足を置いたのが、段取り。
自分に軸足を置いたのが、計算づく。
こんなふうに整理すると、わかりやすいですね。

○「意識が自分に向いていると、緊張する。」(中谷彰宏)
最初は、誰でも緊張します。
場数を踏んで練習している人は、緊張が表に出にくいだけです。
緊張を緩和するための一つの方法、それは意識を他に向けること。
相手の話、表情、服装。自分の趣味や熱中していること。
自分以外にグイッと意識を集中させるのです。
「ああ、俺、なんか声がうわずっているなあ……」
などと自分に意識を向けると、とたんに力んでしまいます。
「自我を超越しないと、相手に入れない。」
こちらは、久瑠あさ美さんの言葉。深いですね。

○「子供の頃の話をすると、仲良くなれる。」(中谷彰宏)
子供の頃の話ができるのは、相手に心を許しているからです。
これを逆手(?)に使ってみてはいかがでしょうか?
つまり、子供の頃の話を聞いてみるのです。
「子供の頃、何に熱中していましたか?」
こんな問いかけ一つで、こわばった空気はゆるむはずです。
学生時代の友達が貴重なのは、昔話で盛り上がれるからです。
時空を超えた関係性を築くには、昔話を共有することから。

○「自己開示できる人が、モテる。」(中谷彰宏)
相手のプライバシーを聞くと、嫌われます。
相手の内面を聞くと、好かれます。
自分の個人情報を開示すると、相手は引きます。
自分の内面を開示すると、相手は心を開きます。
内面をお互い開示して、交歓することに喜びを感じる。
健康的な人なら、そういう面を持っているはず。
そのためには、まず、自分から自己開示すること。
そこから、人間関係は深まるのです。


**

何度も聴いて、自分を開示しましょう!
月ナカ生活 ママ・曽我清美