月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏82「ごほうびは、自分で見つけよう。」――イントロを味わう成功術?
別冊・中谷彰宏82「工夫をすると、ストレスがなくなる。」――どんなことでも工夫を見つける生き方術


■月刊・中谷彰宏82「ごほうびは、自分で見つけよう。」――イントロを味わう成功術?
成功者は、口をそろえます。
「成功してからの贅沢な暮らしぶりよりも、
成功に駆け上がるときのほうがワクワクした」
私たちはつい盛り上がり最高潮のメインに目が行きます。
しかし、メインに気持ちがとらわれているかぎり、
いつまでも「メイン」に到達することはできません。
メインではなく、イントロ。
これから始まるという「イントロ」をどれだけ味わうか。
この段階をしっかり味わえる人が、成功しています。
イントロの味わい方、中谷さんから教わりました。

★こんな方に有効です♪
□これから成功していこうという方。
□就職運が悪いと思っている方。
□自分を駆り立てるものが見つかっていない方。


■別冊・中谷彰宏82「工夫をすると、ストレスがなくなる。」――どんなことでも工夫を見つける生き方術
ストレスを感じるのは「工夫」できないから。
自営業の人は、工夫の裁量が大きく、それが反映されやすい。
だから、ストレスを感じにくい。
一方、サラリーマンは工夫の裁量が小さく、
工夫が反映されにくい。だから、ストレスを感じやすい。
工夫できなければ、仕事は「苦役」……。
工夫すれば、どんな仕事でも楽しめる。上達できる。
自営業マインドになる方法、中谷さんから伺いました。

★こんな方に有効です♪
□人を変えようとしてしまう方。
□仕事で、ストレスを感じている方。
□毎日の生活に空虚感を感じている方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活82パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏82

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ82 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ82 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏82

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ82 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ82 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「リクルートでは、反論できる人が出世する。」(中谷彰宏)
当店は、通常4人で運営しています。
そのうち2人は、リクルート出身者です。
中谷さんは博報堂時代、リクルートを担当していました。
当時のお話が、月ナカでもよく出てきます。
話しぶりに、リクルートという会社への愛情が表れています。
さて、リクルートの人たちは会議がとても上手ですね。
相手の意見を批判するのではなく、対案を示す。
こんなところが、中谷さんを引きつけるのかもしれませんね。

○「変化球ではなく、直球で勝負しよう。」(中谷彰宏)
お誘いを断るのは、とても難しいものです。
変な断り方をしてしまうと、関係にひびが入ってしまいかねません。
中谷さんは、こうおっしゃいます。
「お互いが気を遣う関係になってしまうのは避けたい。
飲まないのか、それとも飲めないのか。それをはっきり言うこと。
『飲むと、エッチができなくなる。それに吐く。』
こう答えれば、それ以上、しつこくされることはない。」
要は、表現一つ。
直球の受け答えをブラッシュアップしていけば、
人間関係は、より豊かで円滑なものになりますね。

○「厳しい会社は、ブラック企業ではない。」(中谷彰宏)
先日お目にかかった社長は、こんなことをおっしゃっていました。
「ブラック企業と騒ぎ立てるけど、企業側にしてみれば、
ブラック社員のが問題。お互いブラックって言い合っているだけ」
社長の会社がブラックかどうかはともかくとして、
会社と従業員の信頼関係が築きにくい時代になったようです。
気にくわないからと、「ブラック」のひと言で
片付けてしまうのはあまりにも愚か。
あとになって血となり肉となる鍛錬を与えてくれる会社こそ、
一見すると、「ブラック」風なのですから。
まずは、自分がブラック社員にならないこと。これが肝腎です。

○「夢の実現は、時間通りではない。」(中谷彰宏)
夢を叶えた人たちは、誰しも辛抱強いものです。
夢を実現するために、じっくり時間をかける。
毎日着実に前に進み、そう簡単には投げ出さない。
「1年以内に、年収2000万円!」
「1年以内に、すてきな人と結婚!」
そんな夢を持つことはいいのですが、
短い時間でとんとん拍子で行くことはまれです。
時間通りにならないとあきらめた上で、日々淡々と努力。
「淡々コツコツ」が、結局、いちばんの近道なのです。

○「ご褒美は、自分で見つけよう。」(中谷彰宏)
自分へのご褒美は、十人十色。
欲しかった洋服や旅行から、仕事後の一杯まで人それぞれ。
中谷さんのご褒美は、「かっこいいシーン」。
「かっこいいシーンって何?」と思われることでしょう。
それは、今、自分が置かれている状況を、
物語のワンシーンに見立てて、味わい尽くすこと。
壁にぶつかっているときも、映画のワンシーンにしてしまう。
みじめなときも、小説のワンシーンにしてしまう。
どんな状況もご褒美に変えてしまうことができれば、
最強の上昇スパイラルに乗ることができますね。

○「依存する人は、逆ギレする。」(中谷彰宏)
依存する人、それは自己責任を負えない人。
他人をあてにして、自分では努力しない人。
依存する人に対して、世間の人は冷たいものです。
でも、依存する人は、そこで反省することはありません。
むしろ、ここぞとばかりに反撃したり、責任転嫁してきます。
「依存する人は、逆ギレする。」と中谷さん。
怒りキレる人は、心のどこかに依存心を持っているのです。

○「オープニングに、本質がある。」(中谷彰宏)
音楽には「サビ」があります。
サビの部分は知られているので、CMなどでも使われます。
でも、中谷さんはこう言います。
「オープニングに、本質がある。メインでなく、イントロ。」
コンサートを例に取るとわかりやすいですね。
最高潮に盛り上がっている時間帯より、
これから始まるというとき、いちばんゾクゾクします。
本を開くとき、一日が始まるとき、レッスンが始まるとき。
そんなオープニングを味わい尽くしましょう。

**

月ナカ生活 コーディネーター 曽我清美




○「人を変えようとするのは、負ける勝負。」(中谷彰宏)
トラブルメーカーの共通点、それは人を変えようとするところ。
教師の家の子供に問題が多いと聞いたことがありますが、
ひょっとしたら、そんなところが原因かもしれません。
「人を変えるのは、並大抵のことではない。」と中谷さん。
人を変えようという「事業」に着手することは、
自分もいっしょに泥沼にはまり込むことを意味します。
そんな「負ける勝負」は避けるのが賢明。
せいぜい、変わりたいと思っている人への手助け程度。
それよりも、相手ではなく、自分が変わる。
相手を変えようという気持ちは、しょせん独善主義なのです。

○「願望を口にすることは、諦めていること。」(中谷彰宏)
「起業したい」「会社をやめたい」「結婚したい」――
ごく日常的にかわされる、この手の会話。
しかし、中谷さんはこうおっしゃいます。
「願望を口にする人は、行動できずに諦めている人。
実現している人は、願望を口にすることがない。」
よく願望を紙に書けば実現すると言いますが、これとは真逆。
願望は紙に書いて、口には出さない。
これが、願望を実現するための王道なのかもしれません。

○「いちばんつらいのは、仕事ができないこと。」(中谷彰宏)
トークにも出てきた堀江貴文さんの著書『ゼロ』。
堀江さんは収監中、仕事に飢えていたと語っています。
人間にとっていちばんつらいなのは、コミュニケーション飢餓。
仕事とは、まさにコミュニケーションそのものです。
社会人とは、仕事を通じて、他者とコミュニケーションする人。
仕事を奪われるとは、命を奪われるようなものなのです。
どんなつまらないと思える仕事であれ、
それに就いていることがどれだけ幸せな状態なのか、
そんな感謝の気持ちを持つことが、幸せの秘訣なのです。

○「工夫すると、ストレスがなくなる。」(中谷彰宏)
「仕事には、2種類ある。
それは、当番仕事と係仕事。」と中谷さん。
「当番仕事」は強制的な労働。
たとえば、学校の掃除当番は、強制的に割り当てられます。
一方、「係仕事」は自発的に取り組む仕事。
ウサギの飼育係は、好きな人が率先して担当します。
当番と係の違い、それは創意工夫の裁量のあるなし。
工夫できる仕事には、ストレスがありません。
言い換えれば、工夫することで、
どんな仕事でもストレスを感じなくなるものなのです。

○「仕事ができる先輩を、観察しよう。」(中谷彰宏)
パソコン画面を前にして仕事をするのが一般的になった現代、
仕事ができる人の仕事ぶりはブラックボックス化しました。
奈良さんがアルバイトしていた吉野家のような仕事場では、
できる先輩の仕事ぶりを目の前で観察することができます。
こうした修練はパソコン仕事では困難です。
でも、じっさいできる仕事のディスプレイを後ろから見ると、
自分のやり方との違いに驚かされます。
とても勉強になりますので、ぜひ一度お試しくださいね。

○「さぼっていると、ストレスが増える。」(中谷彰宏)
ストレスとは、どんな時に生まれるのでしょうか。
それは「工夫していないとき」です。
つまり、さぼっているとき、ストレスは最高潮。
嫌な掃除であろうと、よりきれいに、より早く仕上げようと
工夫することで、ストレスは減ってきます。
それどころか、そこから知恵が生まれてくるのです。
「工夫すると、誇りが生まれる。」と中谷さん。
誇り高い仕事は、工夫から生まれるのですね。

○「デザインは、工夫。」(中谷彰宏)
「デザイン」という言葉を辞書で引くと、
「建築・工業製品・服飾・商業美術などの分野で、
実用面などを考慮して造形作品を意匠すること」とあります。
ここで重要なのは「実用面」という点。
見栄えがよくても、実用的でなければデザインと言えません。
実用性を追求する、それがまさに工夫。
工夫しながら丹精したものが、デザインなのです。

**

月ナカ生活・コーディネーター 曽我清美