月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏85「迷ったら、カッコいいほう。」――失敗が、カッコよくなる生き様術
別冊・中谷彰宏85「思い通りいかないことを、抱きしめよう。」――わがままが、かわいくなる恋愛術


■月刊・中谷彰宏85「迷ったら、カッコいいほう。」――失敗が、カッコよくなる生き様術
思い通りにならないと、キレる。
うまくいかなかったら、なげく。
こういう人は、まだまだ人生修行が足りません。
思い通りにならないとき、うまくいかないとき、
こういうときをどれだけ味わい尽くせるか。
それが幸せな人生を送るための勝負所。
苦境を味わい尽くす方法、中谷さんから伺いました。

★こんな方に有効です♪
□うまくいかないと、へこんでしまう方。
□思い通りにならないと、キレてしまう方。
□自分は不幸だと思っている方。


■別冊・中谷彰宏85「思い通りいかないことを、抱きしめよう。」――わがままが、かわいくなる恋愛術
「属性」、それは根本的性質。持って生まれた習性。
属性を知らない人は、がっかりしたり落ち込んだりします。
最初はやさしかった彼女が、だんだんきつくなってきた。
夫がいい年してミニスカートにちらちらと目をやる。
こんなことで一喜一憂するのは、
「魚を料理したら、生臭くなった」と嘆いているのと同じ。
最初から、そういうものなのだと知っておくことが、
他者といい関係をつくる上でとても重要なのです。
「属性」のとらえかた、中谷さんから教わりました。

★こんな方に有効です♪
□パートナーに幻滅している方。
□異性を見る目がないと思っている方。
□毎日面白くないと思っている方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活85パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏85

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ85 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ85 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏85

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ85 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ85 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「『ドンマイ』だと、精算できない。」(中谷彰宏)
ミスした人への声がけに、地域性が出ます。
東京では「ドンマイ」。
関西では「アホコラ、頼むで」。
東京のほうがやさしい言い方ですが、
吹っ切れ感がイマイチですね
その後、じわっと自責の念に駆られそう。
その点、関西のほうは吹っ切れています。
「次はがんばります!」と元気に言えそうです。
「アホコラ、頼むで」には、愛がありますね。

○「『せずにはいられない』ことを、やろう。」(中谷彰宏)
「本を書かずにはいられない。」と中谷さん。
本を書かなければならない、本を書きたい、ではなく、
気がついたら書き始め、気がついたら書き終えている。
これが、中谷さん。
無理して何かをしようとするよりも、
「せずにはいられない何か」に磨きをかけていく。
これが自分の能力を開花させる王道なのでしょうね。

○「迷ったときに判断基準になるのが、志。」(中谷彰宏)
やるべきかやらないべきか、どちらを選ぶべきか。
そういう場面において、中谷さんは、
「かっこいい」を基準に行動を決めているそうです。
どんな苦境に陥ろうと、かっこいいを基準にして行動する。
こういう覚悟が、行動に迷いを生じさせないのです。
一方、奈良さんの基準は「波風立てない」(笑)。
判断基準は人それぞれ。それを自覚することが、
スムーズに生きるコツなのかもしれませんね。

○「価値観があれば、状況に振り回されない。」(中谷彰宏)
じたばた、あたふた、そわそわ。
そういう人たちに共通しているのが、価値観の欠落。
何を目指して、何をすればいいのか。
こういったことが明確でないのです。
だから、人の目を気にしたり、流行に流されてしまう。
中谷さんは言います。「東大受験に失敗したら、
フルブライト奨学金でボストンに行こうと決めていた。」
失敗したからと呆然とすることなく、即、次の行動に移る。
このスピード感、まさに中谷さんならではですね。

○「可もなく不可もなしは、面白くない。」(中谷彰宏)
エリートは平穏無事に生きる達人といえます。
負ける勝負はしない。無茶をしない。
そんな堅実な生き方に、見習うところは多々あります。
でも、それだけでは物足りない。
「チャレンジすると、可か不可が出てくる。」と中谷さん。
一か八か、勝つか負けるかの大勝負。
のめり込んで道から外れてしまった。
可もあり不可もある体験に、人生の味わいがあるのですね。

○「感情に、流されよう。」(中谷彰宏)
大人になって分別がついてくると、
しだいに感情に流されなくなります。
成熟するとは、こういうことをいうのでしょう。
でも、まったく感情が揺り動かされなくなるのは問題。
それは感性が摩耗しているということだからです。
一目惚れ、衝動買い、どか食い。
一時的な感情に流された体験は、人生のうるおい。
感情に流された自分を、受け入れてあげましょう。

○「外れた体験が、奥深い。」(中谷彰宏)
「オーロラツアーは、見えないときが楽しい。
野外コンサートは、夕立に降られるのが味わい。」
中谷さんは、うまくいかなかったときの味わいを尊びます。
じっさい、うまくいかなかったときのほうが、
いっしょにいる人と気持ちが通じます。
そういう心の動きこそが、何よりも大事。
「思い通りにならないことをどれだけ楽しめるか。
思い通りになったらネタにならない。」と中谷さん。
すべての状況を味わい尽くす感性を磨きましょう。

**

月ナカ生活 コーディネーター 曽我清美




○「女性が選ぶ立場。男は選ばれる立場。」(中谷彰宏)
男性が女性を選ぶときの真剣さと、
女性が男性を選ぶときの真剣さ。
どちらのほうがより切実でしょうか?
これについては、男女とも同意見ではないでしょうか。
「女性は、いい男の遺伝子を遺していきたい。
だから、真剣。これは生物学的な現実。
『口説き落とす』は、男の幻想。」と中谷さん。
いい女性に選んでもらうために、いい男になる。
それが男の修行というものなのですね。

○「男には『女を見る目』はない。」(中谷彰宏)
よくも悪くも男性は女性が好き。
ミニスカートから伸びる足に目が行く。
大きく開いている胸元に目が行く。
これは男性の生物学的宿命です。
男性は「見た目」に翻弄されやすい生き物なのです。
「男には『女を見る目』はない。」
自分で探さずに、女性に見つけてもらう。
見放されないように、修行していく。」と中谷さん。
男女とはこうも生きざまが違うのかと驚かされました。

○「自己肯定感が足りないから、迷いが出る。」(中谷彰宏)
自己肯定感、それは自信。
自信とは、自分を信用している度合い。
自分の判断、選択、決断を信頼している人は、
行動に迷いがありません。
では、自己肯定感はどうしたら高まるのでしょうか。
それは、好きなことを突き詰めること。
流行や世間の価値観とは無関係。
好きなことに没入するうちに自然とつちかわれる。
それが自己肯定感。
高めようと思って高められるものではないのです。

○「価値観がひっくり返る瞬間が、お得。」(中谷彰宏)
今まで拠り所にしてきた価値観がひっくり返されると、
たいていの人はがっくりきます。
人によっては、怒り出すかもしれません。
でも、中谷さんは違います。
これまでの価値観がひっくり返されたとき、
とても「得」をしたと考えるのです。
小学生のときの価値観のまま大人になれません。
価値観の脱皮を繰り返しながら、深みを増していくのです。
価値観がひっくり返されるのを楽しむ。
それが成長を促すのですね。

○「面白かったことを数えよう。」(中谷彰宏)
不幸体質の人は、不幸を数えるのが上手。
幸福体質の人は、幸運を数えるのが上手。
今日一日に起こった面白いことをどれだけ思い起こせるか。
こういう鍛錬を、寝る前にやってみましょう。
嫌なことや人の欠点を見つけるのは簡単です。
面白いことや人の長所を発見するのは難しいものです。
あら探しより、長所探しできる人が成功するのですね。

○「正しいことより、大切なこと。」(中谷彰宏)
社長の「正しいこと」と学生アルバイトの「正しいこと」。
親の「正しいこと」と子供の「正しいこと」。
立場、経験、時代背景などで、「正しいこと」は違うもの。
「正しいこと」をめぐっていくら議論してもらちがあきません。
「正しいこと」より「大切なこと」。
こういう観点を持ち込むと、けっこう折り合えるものです。
「正しいこと」で争うのではなく、
「大切なこと」を共有していきましょう。

○「属性を受け入れていくのが、覚悟。」(中谷彰宏)
魚は生臭い。すぐに傷む。これは、魚の属性。
男性はエッチなことを考えやすい。これも属性。
女性はわがまま。キレやすい。これも属性。
こういう「属性」を変えようとするのは、無駄な努力。
属性を踏まえた上で、関係を築くのが大人の態度です。
「女性がわがままであることなんて、
中学生のうちに学んでおかなければならない。」と中谷さん。
人間の「属性」というものを学んでおく。
この学びが、人間関係をスムーズにしてくれます。

**

月ナカ生活・コーディネーター 曽我清美