月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏87「「得意な人も、好きな人にはかなわない。」――先払いで幸福感を味わう金銭術
別冊・中谷彰宏87「天才の恋人は、もっと天才だ。」――ほどほどを越える恋愛術


■月刊・中谷彰宏87「得意な人も、好きな人にはかなわない。」――先払いで幸福感を味わう金銭術
満足度の高い生活を送るための方法は2つ。
思い出を楽しむこと。
もう一つは、期待に胸躍らせること。
若いころの旅行の思い出をいつまでも楽しむ。
半年後に予定している旅行にワクワクする。
「その場」ではなく、時間のなかに楽しみを見つける。
それが満足度の高い日常をもたらすのです。
満足度の高い人生作法、中谷さんから伺いました。

★こんな方に有効です♪

□毎日が退屈な方。
□「後払いが得」と思っている方。
□人の目が気になる方。


■別冊・中谷彰宏87「天才の恋人は、もっと天才だ。」――ほどほどを越える恋愛術
恋愛が苦手な人、それは関係を強要する人。
典型的なのは、いわゆるストーカー。
そこまでいかなくても、相手の自由を束縛したり、
独占しようとする人は少なくありません。
その息苦しさは、早晩、人間関係を破綻させます。
その点、「天才」たちのパートナーは違います。
上手に、相手を「放置」できるのです。
天才は、自分一人では受け入れられない。
天才は、自分一人で独占してはならない。
そういうことを知っているのですね。
天才のパートナーの天性性、中谷さんから教わりました。

★こんな方に有効です♪

□拘束しがちな方。
□つい常識論を戦わせてしまう方。
□子供がいる方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活87パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏87

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ87 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ87 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏87

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ87 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ87 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「先払いに、幸福感がある。」(中谷彰宏)
支払いは、後にした方が得。
そう思っている人は少なくないのではないでしょうか。
でも、中谷さんのお奨めは「先払い」。
その理由は、楽しめる時間がその分長くなるから。
3ヶ月後のコンサートチケットを購入してしまえば、
それまでの間、ワクワクすることができます。
コンサートが終えてからの支払いとなると、
感激は半減してしまいそうです……
前払いすることで、待つ時間も楽しめてしまうのです。

○「モノではなく、体験を買おう。」(中谷彰宏)
その昔、「三種の神器」というものがありました。
それは冷蔵庫、洗濯機、白黒テレビ。
時代によってこのラインナップは変わりましたが、
いずれも「モノ」でした。
でも、中谷さんは「体験」を買おうと提唱します。
老後の楽しみのために貯金するより、今、体験する。
体験すれば、その思い出をいつまでも楽しむことができます。
モノは一時的ですが、体験は一生ものです。
今だからこそできる「体験」を買いましょう。

○「凡人とは、現状に満足している人。」(中谷彰宏)
凡人というと、当たり前のつまらない人というイメージ。
でも、中谷さんは、凡人をこう定義します。
「凡人とは、現状に満足している人。
天才でも満足していたら、凡人。」
自分に満足できれば、それなりに幸せです。
でも、それは「凡人」の幸せ。
それでは納得できない、という人も当然います。
そういう人たちのためにあるのが、勉強。
勉強は、「現状」から脱出するための蜘蛛の糸なのです。

○「周りの人からのアドバイスでは、抜け出せない。」(中谷彰宏)
人は自分と同じようなタイプと仲良くなります。
安心してつきあえるのは、価値観、生き方、美意識が近い人。
日常的に仲良くするぶんには、何も問題ありません。
また、今の自分に満足している人も問題ありません。
でも、「今の自分」では諦めがつかない。
そんな人が問題にぶつかったときは、目を移しましょう。
目指す世界にいる人からアドバイスを受けるのです。
所属する世界によって、思考法はまるで違います。
違う世界にいる人のものの考え方に触れることで、
その世界に入ることができるのです。

○「小分けに体験すると、満足度が高まる。」(中谷彰宏)
満足度を高めるために必要なのが、緊張状態。
ひとり旅にしても、キャバクラ(?)にしても、
緊張状態があるから、満足感が高まるのです。
慣れてくると、どうしても緊張感が薄らいでいきます。
だからこそ、「小分け」にしてみる。
旅行は長期ではなく、短期のものを何度かに分けて。
キャバクラは延長しないで1時間。で、また来る(笑)。
上手に緊張状態を活用することで、
満足感あふれる日常をつくることができるのです。

○「相手側の課題を解決する必要はない。」(中谷彰宏)
あなたのことが嫌いだという人がいたら、どうしますか?
気にして、自分の欠点を直そうとしますか?
それとも、気にしないで放っておきますか?
正解は後者。
問題は、あなたを嫌っている「相手」にあるのです。
むやみに人を嫌う。その性格に問題があるのです。
「相手側の課題を解決する必要はない。」と中谷さん。
人の目なんて気にしないで、自分の道を歩む。
人生上手とは、そういう人たちのことなのですね。

○「書くことが好きな人は、クレージー。」(中谷彰宏)
学生時代は、所定の文字数を埋めるために四苦八苦。
でも今は、所定の文字数に収めるために四苦八苦。
こうした変化は、どこから出てきたのでしょうか。
それは、書くことが楽しくなってきた。
こういう自分のなかの変化があったように思います。
「書くことが好きな人は、クレージー。」と中谷さん。
凡人なら、ついしゃべってしまいそうになることをあえて書く。
このクレージーが当たり前になっている人が作家なのですね。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美




○「接触時間が短いほど、幸福度が高い。」(中谷彰宏)
夫婦、カップルの幸福度は、接触時間で決まる。
この話を聴いたとき、なるほどなと思いました。
私の友人は、在宅ワークができるフリーのプログラマー。
最近、この「法則」に気づいたのでしょうか、
自宅とは別に仕事場を設けることにしました。
幸福度を高めるための必要な投資と考えているのかも。
接触時間を短くする工夫をしてみませんか。

○「偉人の奥さんは、野放しにできる。」(中谷彰宏)
口うるさい奥さんは、旦那さんにとって苦痛の種。
行動を束縛する。こまごまと注意すると際限ありません。
これはまさに「凡人」奥さん。
でも、「偉人」の奥さんは違います。
彼女たちは、旦那さんを「野放し」にします。
それには、勇気と忍耐力が必要です。
そこを乗り越えるには、深い男性理解が不可欠。
男性理解を深めて、あげまん女房になりましょう。

○「天才に、社会常識を持ち込んではならない。」(中谷彰宏)
天才とは、社会常識を超えた発想と行動ができる人。
社会常識を押し付けると、天才はつぶれてしまいます。
これは夫に対しても、妻に対しても、
当然、子供に対しても同じこと。
社会常識とは、凡人が平穏無事に生きるための作法。
これは、社会常識がいい悪いという問題ではなく、
天才という「異常現象」が出現したときの対策なのです。

○「清潔な種が、生き延びる。」(中谷彰宏)
古来、人類の脅威は「感染症」でした。
昔は、インフルエンザなどの流行感冒で、
多くの人が命を落としました。
この人類レベルの記憶が、清潔に対する意識をつくりました。
清潔にしている人は、感染症になりにくい。
そういう相関関係が、モテにも関係しています。
清潔感があるということは、生命力が強い証拠。
女性が、清潔感のある男性を求める理由はここにあるのです。

○「トラブル対応に、男の度量が表れる。」(中谷彰宏)
予約していたはずのレストラン。
なぜか予約が入っていない……。デートなのにどうしよう?
そんなときに男性の度量が表れます。
器が小さい人は、声を荒げて店員に詰め寄ります。
でも、器が大きい人は、そんなことはしません。
「明日またいっしょに来るので、今、予約させてください」
と上手に切り返します。
わなわなしないで、ゆったり構える。
トラブル対応に、男性の器が表れるのですね。

○「こうしたら、こうなるよと教えよう。」(中谷彰宏)
「あれしちゃだめ」「これしちゃだめ」
親は子供に対して、頭ごなしに禁止します。
でも、そう言われるとかえってやりたくなるのが人間。
そういうとき、こうしたら、こうなるよと教える。
「手を洗わないでご飯を食べると、黴菌がはいって、
お腹が痛くなるよ」と教えてみる。
これは大人に対しても同じです。
「飲酒運転すると、こんなふうに家族崩壊するよ」
そんな教育がいちばん身にしみるものです。
結果を通じて、原因を学ぶ。これが勉強の王道ですね。

○「女性を大切にすることが、性教育の第一歩。」(中谷彰宏)
男女の違いの最たるもの、それは「性」をめぐるもの。
性というものがタブー視されていることもあるでしょうが、
「性」をめぐる共通理解が進めば、恋愛上手になれるはず。
子供がモテるようになって欲しいのなら、お父さんの出番です。
お母さんを大切にする。
お父さんのそういう姿を見た息子は、
女性で問題を起こしたり、困ったりすることは少ないでしょう。
「女性を大切にすることが、性教育の第一歩。」と中谷さん。
男女問題の核心をとらえた名言だと思います。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美