月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏91「アクシデントから、ワクワクが生まれる。」――何もなくても楽しめる人生術
別冊・中谷彰宏91「『いないと困るよ』と伝えよう。」――魔法が使えるようになる恋愛術


■月刊・中谷彰宏91「アクシデントから、ワクワクが生まれる。」――何もなくても楽しめる人生術
運がいい人は、運の良さに注目できる人。
運の悪い人は、運の悪さに注目してしまう人。
運がいい人は、いつも次の行動が思いつく人。
運が悪い人は、途中で何をしていいかわからなくなる人。
結局、運の善し悪しというものは、練習しだい。
目の付けどころに表れる感性。行き詰まったときの思考力。
こういう力が運をもたらしているのです。
運気アップに磨きをかけるトレーニング法、
中谷さんから教わりました。

★こんな方に有効です!

□運が悪いと思っている方。
□不測の事態で固まってしまう方。
□日常を楽しめない方。


■別冊・中谷彰宏91「『いないと困るよ』と伝えよう。」――魔法が使えるようになる恋愛術
感謝――それが大切なことはわかっていても、
具体的にどういう行動を指すのか、人によってそれぞれです。
「感謝とは、相手の存在意義を認めること。」と中谷さん。
「ありがとうございます」を連発するより、
「あなたのおかげで――」という言葉を添えてみる。
「君のおかげで、仕事に打ち込めています」
「あなたのおかげで、幸せに暮らせています」
相手の存在によって助けられていることを具体的に示す。
これが感謝するということなのです。
共感コミュニケーションの作法、中谷さんから伺いました。

★こんな方に有効です!

□自分が認められていないと思っている方。
□やられたら、つい仕返ししてしまう方。
□共感する力が弱いと思っている方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活91パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏91

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ91 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ91 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏91

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ91 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ91 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「運が悪い人は、幸運をスルーしている。」(中谷彰宏)
運がいい人は、運の良さに注目できる人。
運の悪い人は、運の悪さに注目してしまう人。
運にまつわる真実の一つは、こんなところにあるのでしょう。
目の前に、同じ光景が広がっていても、
それに感動できる人もいれば、無反応の人もいます。
秋の虫の声をノイズだと感じる人もいるくらいですから。
要は、感性。
幸運を感じ取る力を磨くことが、運を招くのです。

○「『エンプティ』になってからが、勝負。」(中谷彰宏)
ここでいう「エンプティ」とはガス欠のこと。
ガソリンがなくなって、エンプティランプがつくと焦ります。
人生でも、同じようなシーンがよくあります。
プロジェクトを何としても成し遂げなければならないが、
予算をほとんど使い切ってしまった……
明日が締め切りで、最後の追い込み中……
そこでさじを投げてしまうか、最後まで粘るか。
ピンチのときにこそ、その人の真価が表れるのです。

○「『運が悪い』と言う人は、行動が停止する。」(中谷彰宏)
運がいい人は、いつも次の行動が思いつく人。
運が悪い人は、途中で何をしていいかわからなくなる人。
運というものは天から降ってくるわけではなく、
自分でつかみとるものなのでしょう。
わき出る行動力を成功者たちは「運」と言っているわけで、
それは運ばれてくるのではなく、みずから運び寄せている。
次から次へとやりたいことが思い浮かぶ。
それが行動の源です。
その着想を豊かにするために、私たちは学んでいるのですね。

○「不測の事態は、ヒーローに起きる。」(中谷彰宏)
何ごとも起こらず、平穏無事では映画になりません。
不測の事態が起こらなければ、ヒーローたりえません。
アクシデントやトラブルは誰でもいやなものですが、
それなくして、人生は実りあるものにならないのが現実です。
自分の人生を、主体的に生きていくためには、
不測の事態に対する向き合い方を修正すること。
「いやだな」と思ったら、「チャンスだ」と思える。
そんなふうに発想の転換のトレーニングを積んでいく。
ヒーローの活躍は、そんな修練の結果なのです。

○「何もないところでどう遊ぶかが、企画力。」(中谷彰宏)
混み合っている電車に、二人で乗り合わせた。
おしゃべりもできない。お互いスマホを見るのも気まずい。
そんな時おすすめなのが、車内吊り広告を使ったクイズ。
片方が、雑誌や新商品などの広告を3分ほど凝視する。
その後、目を離してもらい、もう片方が問題を出す。
「○×ビールで使われている新製法は?」
「○×霊園の最寄り駅は?」
けっこう楽しいので、みなさんもやってみてください。
何もなくても遊びを生み出す力、それが企画力なのですね。

○「流れは変わる。自分が間違えたわけではない。」(中谷彰宏)
年功序列・終身雇用が当然とされていたかと思えば一転、
転職を通じてのキャリアアップが
もてはやされる時代が到来しました。
ところが、そういう時代も長くはつづかずふたたび反転。
時代によって「流れ」は変わるものです。
でも、同時代に生きていると、なかなかそれに気づけません。
判断を誤ったと自分を責める必要はありません。
流れが変わっただけなのですから。
大切なことは、流れに惑わされない美意識。
中谷さんの言うダンディズムが問われているのです。

○「最短コースが、いちばんつまらない。」(中谷彰宏)
効率的、効果的、合理的に要領よく生きていく。
なんとなくこれが「正しい」と思っているのが現代人。
試験や受験ではある程度通用するかもしれませんが、
恋愛や趣味ではどうでしょうか。
結果が出ればいいというものではありません。
労を惜しんで、つまらない「最短コース」を選ぶか、
面倒くさいけれど、楽しい「道草コース」を選ぶか。
私たち自身の美意識が問われているのです。


**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美




○「自分の努力がわかるのは、自分だけ。」(中谷彰宏)
自分の努力や才能を理解して欲しい。
これは多くの人の切実な願いでしょう。
しかし、世の中、なかなかそう簡単にはいきません。
あなたの努力や才能を積極的に評価してくれるのは、
つきあいたての恋人くらいでしょう(笑)。
「自分の努力がわかるのは、自分だけ。」と中谷さん。
そう割り切ってしまえば、孤独に耐えていけます。
人間関係を損なうのは、往々にして、周囲に対する
「私をわかって」という強引な要求だったりしますから。
自分の努力は自分でねぎらう。それでいいのです。

○「感謝とは、相手の存在意義を認めること。」(中谷彰宏)
このところ、「感謝」はひとつのブームになっています。
「ありがとう」と言えば、運は開ける。
そんなことが本でもよく語られています。
でも、口先だけで感謝したところで、
本質が押さえられていなければ、言葉が上滑りしてしまいます。
「感謝とは、相手の存在意義を認めること。」と中谷さん。
「君のおかげで、毎日元気に仕事に打ち込める」
「あなたのおかげで、何不自由ない生活が送れています」
そんな「おかげさま」の精神こそが感謝だったのです。
「おかげさまで――」という接頭語を用いることで、
感謝の言葉に魂がこもるのです。

○「自分の存在意義を、錯覚していこう。」(中谷彰宏)
(口には出さないけど、俺に感謝しているんだろうなあ)
こんなふうに自分を錯覚できる人は、幸せ者です。
自分だけでなく、周囲の人も幸せにしてしまうでしょう。
人は、近ければ近いほど感謝できないものです。
照れや馴れがつい出てしまいますから。
こういうときこそ、自分の存在意義を錯覚してみる。
(俺って、みんなの役に立っているなあ)
(わたしがいるから、うちはやっていけるんだわ)
そんなセルフ錯覚技法こそが、一家和楽の源なのです。

○「仕返しは、解決にならない。」(中谷彰宏)
やられたら、2倍返し。
やられたらやり返すのは「正しい」行動とされています。
でも、中谷さんは違います。
「やられたらやり返すでは、動物並み。
仕返しでは、解決にならない。」
悪しき流れを食い止めて、ヒトははじめて人間になる。
仕返しを愛で切り返す。
そんな人がヒーローなのです。

○「吠えているのは、泣いているのと同じ。」(中谷彰宏)
すぐ怒る。すぐわめき立てる。すぐ騒ぎ立てる。
そういうモンスターたちに私たちは怯えてしまいます。
でも、中谷さんはこうおっしゃいます。
「吠えているのは、泣いているのと同じ。悲痛な叫び。
その切ない気持ちに共感してあげよう。」
認めて欲しい、わかって欲しいのに、スルーされた。
この疎外感が「怒り」となって表れてしまう。
こんな幼稚な女性にも愛の手を差しのべられる。
そんな度量の大きな男性になりたいものですね。

○「こまめに感謝しよう。」(中谷彰宏)
10万円のプレゼントを1回するより、
1万円のプレゼントを10回するのが効果的。
「脳は頻度で理解する。」と中谷さん。
これは感謝においても同じです。
一度にドカンと感謝するより、こまめに感謝する。
こうすることで、相手に感謝の気持ちが伝わります。
「植物に水をあげるように感謝しよう。」と中谷さん。
マメさが仕事にも恋愛にも不可欠なのですね。

○「好きな女の子に、魔法をかけよう。」(中谷彰宏)
以前つきあっていた人は、
毎日のように詩を送ってきてくれました。
最初は冗談かと思って笑っていましたが、
だんだん気持ちが動いてきて、気がつくと、
すっかり魔法にかけられていました(笑)。
「愛情とは、魔法。ケーキを買っていくのも魔法。
フレンチトーストをつくってあげるのも魔法。」と中谷さん。
次は、どんな魔法をかけてみようか。
前回の魔法は効かなかったな……
試行錯誤、反省し改善しながら魔法に磨きをかける。
そんな面倒くさいことにまじめに取り組む。
それが愛情というものなのですね。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美