月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏92「リスクを自分で取れる人が、信頼される。」――時給より生涯年収を上げる仕事術
別冊・中谷彰宏92「未来を組み立てる人が、モテる。」――レアな存在になる恋愛術


■月刊・中谷彰宏92「リスクを自分で取れる人が、信頼される。」――時給より生涯年収を上げる仕事術
ガツガツしている人は、モテないし貧乏です。
モテるお金持ちは、余裕のある物腰をしています。
この余裕こそが信用。
では、どうしたら信用を高めることができるのでしょうか?
答は簡単。
「先に損をする」――ただ、これだけです。
たとえば、待ち合わせ。
時間ギリギリに着こうとするのは、ケチで貧乏な人。
お金持ちは、現地に早く着いて本を読みながら待ちます。
一見損をしているようですが、そんなことはありません。
信用という大きな価値を手に入れることができるからです。
何ごとにおいても、先に損をしていくこと、
これが世にいう「リスクを取る」ということ。
信用を高めてお金持ちになる方法、中谷さんから伺いました。

★こんな方にお奨めです♪

□目先の「お得」にがっついてしまう方。
□他人のアラばかりが目についてしまう方。
□生涯年収をアップさせたい方。


■別冊・中谷彰宏92「未来を組み立てる人が、モテる。」――レアな存在になる恋愛術
人間が動物と違うのは、それは「未来」を意識できること。
ところが、同じ人間でも、未来を構想できる人もいれば、
場当たり的に生きてしまう人もいます。
未来を構想できる人は、ガツガツしません。
なぜなら、明るい未来を創造することができるからです。
だから、彼らは待つことの大切さを知っています。
時間というものを手玉にとることができるのです。
ところが時間感覚に乏しい人は、そうではありません。
想定外の出来事を前に立ちすくみ、動顛してしまいます。
人生強者に共通するのが未来を構想する力。
その本質を、中谷さんから伺いました。

★こんな方にお奨めです♪

□好きな人と将来を語り合えない方。
□すぐに動顛し、あたふたしてしまう方。
□勉強に身が入らない方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活92パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏92

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ92 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ92 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏92

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ92 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ92 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「手間を省くかではなく、手間をかけるかが勝負。」(中谷彰 宏)
「要領がいい」ことが大事だとされたのは学生時代。
試験でいかに効率的に勉強するかに地道をあげました。
でも「要領よくやる」を「手間を省く」と誤解してしまうと、
地獄に堕ちます。
あなたの手抜きは、周囲にバレバレ。
ほくそ笑んでいるのは自分だけだったりします。
一度信用を失うと、あとは貧乏スパイラルへ一直線。
手間は省くのではなく、かける。
これがお金持ちへの第一歩なのですね。

○「プロの仕事は、長所を探し出すこと。」(中谷彰宏)
自称「舌が肥えている人」ほど、料理に難癖をつけます。
目の前の料理やサービスをあげつらい、
過去に味わった美味をひけらかす。
これが美食家と勘違いしている人がすくなくありません。
「プロの仕事は、長所を探し出すこと」と中谷さん。
短所を見つけることは簡単。アマチュアでもできます。
でも、長所を見つけることは、素人にはできません。
長所を見つけ出す修練を積んでいきましょう。

○「時給ではなく、生涯年収。」(中谷彰宏)
学生時代、男子学生の言葉で目立ったのが、
「なんかおいしいバイトない?」でした。
時給のいいバイトを求め、さ迷う。
美大に行っていながら、何の関係もないバイトで忙しい。
これでは本末転倒です。
卒業後、望まない仕事に就いてから嘆いても、もう手遅れ。
まさに「時給」仕事に陥った典型例といえます。
時給を高める戦略と生涯年収を高める戦略は真逆。
生涯年収を高める生き方を学んでいきましょう。

○「勉強すれば、生涯年収が上がる。」(中谷彰宏)
生涯年収を上げるには、どうすればいいのでしょうか?
それについて、中谷さんはこうおっしゃっています。
「売りっきりでなく、お客様と生涯つきあうこと。」
その場かぎりの調子のいいトークで売り逃げ。
これが最悪です。
一人のお客様と生涯つきあう覚悟が、
私たちの生涯年収を高めてくれます。
そのためには、勉強し続けること。
勉強して進化すれば、お客様は離れていかないのです。

○「コツではなく、習慣。」(中谷彰宏)
巷には、さまざまなテクニック本が出回っています。
1週間で何キロ痩せる本。
1ヶ月でお金持ちになる本。
1秒で惹きつける本。
こういうテクニック本にも効用はあります。
でも、それはしょせんコツ。
一時的にしのぐための緊急対応策といえます。
成功するためには、コツよりも習慣。
成功には継続が前提となります。
継続するには、結果を生み出す習慣が不可欠。
慣性の法則を活用すれば、やる気なんていりません。
淡々コツコツの毎日を送ることができるのです。

○「信頼は、痛みを背負うことで得られる。」(中谷彰宏)
誠実にしていれば、信頼されるようになる。
これは誤解であると中谷さん。
では、信頼される人は、どういうひとなのでしょうか。
それは、「痛み」を背負う人。
誰もが避けたがるマンションの理事を引き受ける。
散らかっている道をゴミを拾って回る。
こういう公共的な仕事を率先して行う人たちのことです。
一方、痛みを背負おうとしない人は、
面倒や出費を避けて逃げ回ります。
こういう人は信頼されません。信頼どころか、軽蔑されます。
お金を惜しみ、労を惜しむケチは、
結局身を滅ぼすことになるのです。

○「リスクを取る人が、いちばん儲かる。」(中谷彰宏)
経営者が歴史を勉強するのは、なぜでしょうか。
それは、
1.世の中には「時勢」があり、それに乗ると成功する。
2.長期的な視野で損得勘定したほうが利益が大きい。
――この2つを熟知しているからです。
これは経営やビジネスにかぎったことではありません。
目の前の「お得」にガツガツすると損をする。
これを経験的に学んでいる人はすくなくないはずです。
ところが目の前の「リスク」をとると得をする。
こういう経験をした人はごく少数です。
ものはためし。
一度、目の前の「損」をしてみてはいかがでしょうか?

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美




○「自己肯定感が高い人が、未来を組み立てる。」(中谷彰宏)
自分の「これから」を構想することは、とても難しいものです。
ああしたい、こうしたいということはあっても、
それを実現するための道筋を考えることは容易ではありません。
未来を組み立てられる人の共通点、それは自己肯定感の高さ。
自分を信頼し、ありのままの自分を評価している。
その自信こそが、明るい将来を思い描かせます。
他人にレールを敷かれるのではなく、自分で人生を切り拓く。
そのためには自己肯定感。
自己肯定感を高める修行をしていきましょう。

○「映画を観て、自己肯定感を高めよう。」(中谷彰宏)
どうすれば、自己肯定感は高まるのでしょうか?
手っ取り早くて効果的なのが、映画です。
映画の主人公は、たいてい自己肯定感が高いものです。
成長しながら、自信を獲得していくのが主人公。
このプロセスを自分のものにすればいいのです。
「映画を観ると、妄想できる。
妄想できるから、実現していける。」と中谷さん。
映画をたくさん観て、妄想力を高めましょう。

○「『どうしたら』には、未来がある。」(中谷彰宏)
未来を構想する人は、工夫し続けます。
過去の失敗にクヨクヨする時間があったら、
失敗を反省し、行動を修正し、ふたたび挑戦します。
「うまくいかない人は『なんで』と考える。
成功する人は『どうしたら』と考える。」と中谷さん。
「なんで」を考えるのは簡単。
自分の感情に振り回されているだけのこと。
一方、「どうしたら」を考えることは難しい。
「どうしたら」を見つけ出す思考力。
それを磨き上げるために、私たちは勉強するのです。

○「失点を想定して、未来を組み立てよう。」(中谷彰宏)
超一流のピッチャーは、失点を想定しています。
超一流のバッターは、凡打を想定しています。
ところが、二流三流は完璧を求めてしまいます。
だから、かえって結果を出すことができません。
「うまくいかないこともある」と想定する。
不測の事態を踏まえて、最終的にうまくいく方法を編み出す。
成功者は、パツパツギリギリの戦いをしません。
つねに不測の事態を想定し、余裕をもって行動します。
不測の事態を計算に入れられる人が、超一流なのです。

○「妄想しておけば、動顛しない。」(中谷彰宏)
堂々としている人は、度胸があるからではありません。
彼らは事前にあらゆる状況を想定しているから、
余裕をもった態度でいられるのです。
一方、動顛してしまう人は、出たとこ勝負。
押っ取り刀で出向くので、パニックを起こしてしまうのです。
これから起こるかもしれないことを、あらかじめ妄想しておく。
これが「準備」。
「超一流は、準備が違う。」と中谷さん。
しっかり準備することで、腹はすわってくるのです。

○「主人公ならどうするかを、妄想しよう。」(中谷彰宏)
不測の事態に陥ったとき、誰しも行動に迷いが生じます。
こんな時、中谷さんは、一呼吸おいて、
「主人公だったら、ここでどうするだろうか?」
と考えます。
「主人公だったら、ここで逃げたりしないな」
「主人公だったら、ここでこのセリフはないな」
このように、まずは「しないこと」を選択していくのです。
その上で、何をなすべきか決定していく。
ただし、スピーディに。
そのためには、日ごろの鍛錬が不可欠。
映画をたくさん観て、行動の引き出しを多くしていきましょう。

○「自己肯定感がある男は、待てる。」(中谷彰宏)
思わしくない状況に焦って、よけいな手出しをしてしまう。
レスがないのが気になって、返答を催促してしまう。
待たされたからといって、腹を立ててしまう。
モテない男性は、待つことができません。
一方、モテる男性は、待つことができます。
いつになったら実を結ぶかわからなくても、
毎日淡々コツコツと努力し続ける。
やるべきことをやりながら待ち続ける。
成功者は、待つことを知っているのです。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美