月刊・中谷彰宏「月ナカ生活」

「月ナカ生活」トップ
月刊・中谷彰宏99「耳から、イメージを共有しよう。」――使いやすい人になる仕事術
別冊・中谷彰宏99「楽しそうな人に、人はついていく。」――知らない人と話せる恋愛


■月刊・中谷彰宏99「耳から、イメージを共有しよう。」――使いやすい人になる仕事術
関西人はモテモテ。
なぜ、関西人はこんなにもモテるのでしょうか?
中谷さんは、こうおっしゃいます。
「関東は見る文化。関西は聴く文化。」
関西人は、耳からの情報でつねに感性を磨いている。
どうやらこれが理由のようです。
目から入る情報は、情報量としては大きい。
でも、逆に、自分が想像する部分は少ないのが難点です。
その点、耳からの情報――ラジオ、落語、おしゃべりは、
想像できる部分がとても豊富です。
埋められていない空間をどう想像するか。
想像する機会に恵まれていて、鍛えられている。
それが関西人なのです。
感性の磨き方、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□面白い話ができるようになりたい方。
□想像力あふれる感性を身につけたい方。
□横柄だと言われたことがある方。


■別冊・中谷彰宏99「楽しそうな人に、人はついていく。」――知らない人と話せる恋愛
モテない――、儲からない――。
その原因は、「損得勘定」にあります。
モテる人、儲かる人は、損得勘定をしません。
自分の「好き」に純粋に脇目もふらずのめり込んでいます。
周りの人の目、目の前の損得は眼中にありません。
世の中は裏腹なものです。
どういうわけか、そういう人のところに、
運命の人が現れて、お金も集まってくるからふしぎです。
損得を超越した世界、それが「数寄」の世界。
数寄で超越する方法、中谷さんから教わりました。

★こんな方にお奨めです♪

□モテない、儲からない方。
□目先の損得に振り回されやすい方。
□初対面の人と打ち解けられない方。

ゲスト:久瑠あさ美さん(メンタルトレーナー)


ゲスト:奈良巧さん(編集者)

月ナカ生活99パック

【データ版】 価格:3,800円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】価格:7,800円(税・送料込)



【単品】月刊・中谷彰宏99

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】月ナカ99 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】月ナカ99 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!



【単品】別冊・中谷彰宏99

本編の一部を無料試聴いただけます。


【データ版】別ナカ99 価格:1,700円(税込)
※メールでデータをお送りします。
自動配信では
ありませんので、 配信に最長1日かかります。


【CD版】別ナカ99 価格:5,000円(税・送料込)


最高45%引き! 特典たっぷり! 定期受講に便利!




○「頼まれやすいことが、一流の条件。」(中谷彰宏)
仕事ができる人より、仕事を頼まれやすい人。
仕事を頼まれやすいのが、プロフェッショナル。
仕事を頼みにくい人に、プロフェッショナルはいません。
気むずかしく、お高くとまっている人に未来はありません。
ところが、若い人のなかには勘違いしている人がいます。
上司から無茶ぶりされないために身を固める。
そんなふうに自衛していては、身の破滅を招くだけ。
「何でもご用命ください!」という姿勢が、
成功街道にのるための条件なのです。

○「横柄さは微細なところに出る。」(中谷彰宏)
横柄さとは、性格ではありません。
いうならば、生活習慣病。
長年つちかわれてきた生活の習い性です。
本編で紹介された郵便局の方のエピソード。
フルネームでのサインをお願いすると難色を示す。
そんなお客さんがいるそうです。
こういう小さな行動に、横柄さは出ます。
気むずかしさはだんだん体内で増殖していきます。
小さな横柄に敏感になりましょう。

○「音に、敏感になろう。」(中谷彰宏)
音への対応には、集中力が必要です。
落語を楽しむ人は、一言一句聴き逃しません。
ラジオも同様。
聴覚を全開にしなければ、ついていけません。
ラジオが脳に効くというのも納得できます。
テレビ番組のテロップはすっかり一般的になりました。
これにより、音のキャッチ力がさらに弱まりました。
こんな時代、月ナカは荒行。
「書き起こし原稿があったら、修行にならない。」と中谷さん。
聴く側の力量が問われるのが、月ナカなのです。

○「メンタル力がある人は、黙って座っていられる。」(中谷彰宏)
大学の授業時間は90分。小学校の授業時間は50分です。
子供は集中できる時間が短いものです。
大人になるとは、集中時間が長くなるということ。
ところが最近、集中時間の短縮化が進行しているようです。
講演時間はこれまで90分が主流でしたが徐々に50分に。
薄暗い部屋で、正座して、月ナカに食らいつく――
こんな修行が、私たちのメンタル力を高めてくれるのです。

○「脳は、耳からの情報で鍛えられる。」(中谷彰宏)
情報は、主に目と耳から入ってきます。
情報量の多さでは、目からの情報は圧倒的なのは、
テレビからの情報とラジオからの情報を比較すれば明らかです。
でも、その分、想像する余地を残しておいてくれません。
その点、耳からの情報は乏しい分、
私たちに想像するスペースをたくさん残しておいてくれます。
その分、私たちは想像し、思考することができます。
ラジオ、落語、そして月ナカ。
耳からの情報との格闘が、私たちの脳を鍛えてくれるのです。

○「聴くことで、イメージが共有できる。」(中谷彰宏)
目からの情報を軸にしている人は、
じっさいに見えることしか、見えません。
一方、耳からの情報を軸にしている人は、
「見えないもの」も見ることができるようになります。
仕事にしても、人間関係にしても、
目に見えないものをいかにして見るかが勝負所。
見えない要素をどれだけキャッチできるか。
会話という空中戦から、何を獲得するか。
見えないものを見るためには、耳を鍛える。
よい耳を持っている人が成功しているのです。

○「無智だから、横柄になる。」(中谷彰宏)
横柄な人は、性格が悪いからではありません。
単純に、それが不作法だということ知らないだけです。
子供は無智です。作法を知りません。
でも、それは子供の愛らしさのひとつ。
それで責められることはありません。
でも、大人になったら、無智では済まされません。
なぜかといえば、無智は犯罪につながるからです。
「素敵な女性だと思った。だからお尻を触った。何が悪い?」
と言っても、両手にお縄がかかってしまうのが現実。
「他者の迷惑」に対しての感度を高めていく。
それが洗練されていくということなのです。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美




○「初対面の人と話せる人が、モテる。」(中谷彰宏)
小学校低学年の子供は、近所というだけで仲良くなれます。
ところが、高学年になると、そうもいきません。
自分と趣味や指向性が合うかどうかが条件になります。
この傾向は、歳をとればとるほど顕著になります。
同じ職場、同じ職種、同じ趣味。
同類のつながりの人としか仲良くできなくなっていきます。
「情報化社会とは、話さないで済む社会。」と中谷さん。
同じタイプの人とつながりやすい社会は快適です。
でも、それでは自分の幅は広がりません。
もっと自分を開拓したい。
そういう方は、初対面での出会いを大事にしましょう。
初対面の相手との会話で盛り上がれる。
これが、情報化社会に埋没しないための心がけなのです。

○「女性は解決策ではなく、共感を求めている。」(中谷彰宏)
女性からの相談を持ちかけられた男性。
「上司がとても高圧的で、すごくストレスを感じる」
たとえば、こんな相談。
すると、男性はたいてい一生懸命に「解決策」を考えます。
「それはパワハラ。弁護士に相談した方がいい」
「自分にも原因があるはず。改善できる部分があるのでは?」
こんな「解決策」を言われても、女性は心に響きません。
女性が求めているのは「共感」なのですから。
「それはたいへんだね。ストレスを感じるよね」
これが模範解答。解決策は二の次なのです。
まず共感――これが女性への向き合い方の基本なのです。

○「着替えれば、テンションが上がる。」(中谷彰宏)
高級旅館では、浴衣が2着用意されているそうです。
もう1着は、朝起きたときに着替えるためです。
部屋着でも寝間着でも使える浴衣。
でも、部屋着と寝間着の両用ではおしゃれではありません。
くしゃくしゃの浴衣を着て食べる朝ご飯はおいしくありません。
「着替える回数が多い人は、モテる。」と中谷さん。
TPOにあわせて着替える。
気持ちを切り替えるために着替える。
着替えることで、気持ちに張りが生まれます。
どんどん着替えて、自分を盛り立てていきましょう。

○「年収600万円が、幸福度が高い。」(中谷彰宏)
年収は多ければ多いほどいい。
誰でもそう思いますが、そう簡単ではありません。
収入にともなってリスクも高まるからです。
いつ緊急対応が入るかわからない。夜も安眠できない…
タフな交渉の日々。ストレスで最近鬱っぽい…
仕事が忙しくて不在がち。妻も怒り、子供も不安定…
「年収が多い=幸せ」というのは、幻想なのです。
幸福度とは、バランスのよさに表れます。
経済的基盤、家庭の平和、自己実現。
これらをバランスよく高めていくことが大事なのですね。

○「言葉ではなく、表情で判断される。」(中谷彰宏)
「子供が勉強をしない。どうすればいいでしょうか?」
こういう質問には、中谷さんはこう答えます。
「親が楽しく勉強すれば、子供も勉強する。」
子供は親の行動を見て模倣します。
親が楽しそうにやっていることを、子供はやりたがる。
子供は直観が鋭いので、親の言葉の裏を見破ります。
本心は顔に書いてあるからです。
子供によい人生を送って欲しいのなら、自分もよい人生を送る。
自分が「模範」となることがたいせつなのです。

○「損得の関係は、長続きしない。」(中谷彰宏)
損得勘定する人は、損得勘定する人とつながります。
類は友を呼ぶ。同類とつながっていくのがこの世の中です。
でも、損得勘定の関係はもろいものです。
ひとたび損得が合わなければ、あっという間に崩壊。
結局、その関係は「絆」ではなかったのです。
「『好き』でつながっている関係は長続きする。」と中谷さん。
人間関係も、長続きしなければ意味がありません。
そのためには、自分の中の「好き」を発見すること。
そうすれば、同好の人たちとの関係が生まれてゆくのです。

○「楽しそうにしていると、周りに人が集まる。」(中谷彰宏)
トム・ソーヤがいたずらの罰として、
ポリーおばさんからペンキ塗りを命じられました。
そこで、トムは名案を思いつきます。
口笛を吹きながら、楽しそうにペンキ塗りを始めたのです。
すると、最初はひやかしていた仲間たちが、
「ペンキ塗りをしたい」と志願するようになったのです。
楽しそうな様子は、人をひきつけます。
一方、つらそうにやっていると、人は逃げていきます。
何でも楽しくやれる能力は、人生を愉快にしてくれるのですね。

**

月ナカ生活 コーディネーター・曽我清美